ARで交通安全の啓蒙活動

 

この記事を書いている人 - WRITER -

赤信号みんなで渡れば怖くない。


確かに恐怖は減るかもしれませんが、最悪な事態は起こるときは起きます。

小学生のころ、左見て、右見て、左見てって教わったことを覚えてますか?
大事な確認作業ですが、つい友だちとはしゃいだりしているとそんなこと忘れてしまいますよね。

そこで学校教育の中でARを使ったシミュレーションで交通安全の啓蒙をしてくのです。

実際に横断報道の前に立ち、タブレットをかざすと
もうスピードで走る自動車が出現し、人が跳ね飛ばされる映像を見ることができます。

少し残酷ではありますが、命に関わる大事な教育ではあるので
多少、刺激のあるくらいの映像のほうが脳裏に焼きつき、今後のためになるのではないでしょうか。

「ARで交通安全の啓蒙活動を!」

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 世界のVR通信 , 2018 All Rights Reserved.