AR技術の向上でGoogle Glassが戻ってくるかも?!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

最近、VRの話題に注目が集まる中で、シリコンバレー界隈ではある噂でもちきりになっています。その話題とは・・・

Google Glassがカムバックするかも

Googleのハードウェア事業のシニア・バイスプレジデントを務めるリック・オステロ氏は、

スマートフォン以外でARを体験できる最善の方法を模索している

という発言から、GoogleはいまだにGoogle Glassへの情熱は冷めていないことがわかった。

また、前回はエンタープライズ版として発表したものの、今回は様々な研究や技術開発を行い、一般向けの販売を行う方向であることを示唆しました。

Google最初のGoogle Glassを2013年4月に1,500ドルというかなり高い金額で販売開始をしました。Google Nowナレッジベースを搭載し、ボイスを使用していないときに、カメラとタッチパッドを操作することができる優れものというものでしたが、プライバシーとユーザビリティの問題に悩まされ、最終的にはGoogleが2015年1月にExplorerプログラムをフェードアウトさせてしまいました。

Appleも力を入れているAR技術

ARはGoogleだけが先端を走っているわけではありません。アップルのCEO、ティム・クックは過去にARを「コア技術」だと発言し、Google Glassのようなデバイスを開発し、発注を始めたというニュースも出ています。

MicrosoftのHoloLensから始まったARデバイス開発競争が、いよいよ本格的に始まりそうです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 世界のVR通信 , 2018 All Rights Reserved.